「ほっ」と。キャンペーン

■ i.h. !■ ブログ

カテゴリ:オールザッツ漫才2005( 1 )

オールザッツ漫才2005

今回のオールザッツは、若手トーナメントが復活
前回の優勝・友近が優勝旗を持ち、先頭。30組の芸人さんが、アイウエオ順で入場~
イシバシハザマは、青空、アジアンについで3番め、一番前に並びました♪

出場順序は事前に決まっていたということで
10組ずつ、3回に分かれて1回戦が行われましたが
イシバシハザマは最初の組で出場
シャバダバ劇場で、プロ使ってたんや→かれこれ7時間でした(ネタ時間は1分)
1組づつ、観覧の方から審査されるのですが
(『もう一度ネタを見たい』と思う人はスイッチを押す)
160/200点を獲得!
1位となり
そのまま30組中1位で一回戦を通過!(感動~

しかし私はといえば、MC陣内さんが
1年前のオールザッツでは「誰やったっけ?」と名前を聞きなおしてたのに
今回は最初から「人気あるし~」と言ってはったことにも感動~
1年、頑張ったもんねっ(> <)!

準々決勝は、点数上位8組が残ります
まずは1位のイシバシハザマから、対戦相手と対戦順序を選べるんですが
石橋サンと相談しつつも?硲クンがリードする感じで
1戦目の先攻を選び
対戦相手は、「ライバル」ということでハリセンボン(東京勢で唯一勝ち残り)を指名
(東西対決でしょ!と硲クン)
(意外と石橋サンは選んだりするのは煮え切らなくて、お二人の関係がほの見えたり。)

対決のネタはシャバダバ、校歌→日本昔話で
109/91で、勝利!
「よかった~」みたいに全身で表現する2人~思わず手を前で(お客さんに向かって)合わせていた硲クンでした

準決勝は、ストリークと。
シャバダバで、SENSHA!→すもうだったのですが(ネタ時間は2分?)
SENSHA!が、あの、いっつもすごい受けるSENSHA!が・・・受けない・・・@@@
びっくりしました・・・そういうこともあるんですねえ・・・
でもしっかりすもうは受けてました!
しかし残念ながら、ここで敗退。
が、お二人もわかっていたのか、結果には実に潔く、さっぱりとされていました
それがねーもう。
真剣で潔くて爽やかで・・・惚れ直し。←何回目?

あと、昨日の生番組(『楽屋ニュース』~base芸人が短い時間で1人トークをして、ホンコンさんの◎をもらったら1万円GET、×なら水中へ!!というコーナーに、石橋サンのみ参加。石橋サンはしっかり1万円GET!)に出てなかった硲クンに
自分と同じように風邪引いてたら・・・と心配したりしてたり
今日も実際、去年みたいにチョケることなく、おとなしく!?ひな壇に座ってたり、舞台からはけて行く硲クンだったわけですが
勝負がすんでからの、他の人のネタ見てる顔が、いつもの顔(>▽<)
めちゃ可愛く明るく笑ってた(>▽<)!ので
今回のトーナメントへの意気込みは、相当のものだったんだなーと気付きました
[PR]
by rivu-i.h | 2005-12-30 23:30 | オールザッツ漫才2005