■ i.h. !■ ブログ

絶対、隣にいないお兄さん

何だか・・・ファンの方々の中で、いろいろ変化が巻き起こって・・・ますか・・・?

上京10ヶ月で、こげなことになっちゃったの・・・?
ちょっとは予感していたけれど、
東京でのファンが増えると、すごく楽観的に考えていたところが・・・あります。

自分自身、昨年9月ごろに
「こっちのイシハザも好きにならねば・・・?」というジレンマがありましたけれども・・・



ちょっと理由を模索してみました・・・


秋山康センセーのコトバを引用するなら(AKBの新曲、すごすぎです、センセー)

アイドルは、
手が届きそうな、高嶺の花
or
絶対、隣にいないお姉さん

が、売れるそうです

そんで思ったのは、イシバシハザマは、『絶対、隣にいないお兄さん』だったのではないか、と。
キンコン西野さんが、前者であるのに対して。

そして前者であれば、こちらを振り向いてくれなくても
<手が届きそうな雰囲気>を出し続けてくれる限り
ファンはついていくけれど

後者は・・・隣にいる感じがしなくなれば、さびしくなってしまうんじゃないか、と。

西野サンとイシバシハザマ、POPでクールなとこが似ているとしても
そこらへんが全く別のタイプなのでは・・・と
そんなことを、思いました。
[PR]
by rivu-i.h | 2007-02-04 22:46 | いろいろ話
<< 月曜日の無限大♪ 悲しいけど >>